ノートルダム大聖堂の火と世界の文化的遺物の保護

 

15年2019月XNUMX日、ノートルダム大聖堂の火事は最近、ニュースメディアの大きな注目を集めました。 ノートルダム大聖堂はビジネスです カード フランスの。

ノートルダム大聖堂の火と世界の文化的遺物の保護
15年2019月XNUMX日のノートルダム大聖堂の火

800年の歴史は終わりを告げ、人類の文明は滅びつつあります。 このように、この悲劇はまた、世界の文化的遺物の仕事に警鐘を鳴らし、文化的遺物の保護についての議論と注目を引き起こしました。

コンスタントマチュリティで 屋外LED看板 技術、 屋外LEDスクリーン セキュリティ監視でより広く使用されるようになりました。

 

グローバル文化遺物保護

 

ノートルダム大聖堂の火と世界の文化的遺物の保護
文化遺産LEDディスプレイ

まず、文化財のある管理事務所間の接続を確立する必要があります。 LEDディスプレイ 表示端子として。

文化遺物の管理事務所は、 LEDディスプレイ 訪問者が持ち運ぶことを禁じられているものと、訪問者がどのように振る舞うべきかを伝えるため。

したがって、LEDスクリーン端末を介して個人の保護と監視を確立することもできます。

ビッグデータの出現により、LEDスクリーンと文化遺物管理事務所を組み合わせることができます。

したがって、LEDディスプレイを介して、適切な保護により、文化遺物保護部門と消防署の間の接続を確立できます。

その上、消防署は地元の文化事務所の温度環境を監視することができます。

同時に、文化財のある場所も消防署と協力して、実際の状況計画を改善し、最適化する必要があります。

 

文化遺産保護に向けたLEDスクリーン

 

私たちが受け継いだ文化的遺物は非常に貴重です。 多くの法的要素がこれらの貴重な文化的遺物を大切にしています。 したがって、LEDディスプレイと一般的なセキュリティ部門を介して、厳密な監視と対応するアラームメカニズムの確立が不可欠です。

ノートルダム大聖堂の火と世界の文化的遺物の保護
カナダ科学技術博物館

カナダ科学技術博物館の正面玄関は、 屋外LED看板 製品、完全にカスタマイズされた 博物館の屋根。 文化遺物管理事務所、公安、消防署がつながり、資源の相互運用性において役割を果たしています。 したがって、 LEDスクリーン まず、文化的遺物の展示を革新するために、その伝統的な利点を発揮する必要があります。

文化的遺物は、取り扱いの過程でさまざまな程度の損傷を受けることがよくあります。 文化的遺物の保護は多様であり、 LEDディスプレイ 端末情報のキャリアとして、そして新しいタイプの保護を模索しています。

美術館では、ショーケースを通していくつかの絵画を注意深く見ることができません。 そのため、LEDディスプレイと組み合わせることで、訪問者は文化的遺物についてより自動的に学ぶことができます。 LEDスクリーンの継続的な開発により、訪問者は絵画をズームインおよびズームアウトすることもできます。 その結果、展示体験は従来のものよりも参加型になります。

ノートルダム大聖堂の火と世界の文化的遺物の保護
文化事務所での視覚化されたLEDセットアップ

したがって、 LEDスクリーン ターミナルは、文化的遺物の継承と保護において質的な飛躍を遂げました。 LEDディスプレイ業界の継続的なブレークスルーにより、私たちは将来、より多くの文化的保護方法を模索します。

重要なのは、 LEDスクリーン その独自の利点でその場所を占めています。 その用途は広範ですが、日常のメンテナンスとその使用法に注意を払う必要があります。

また、ここにあなたが有益な読みをチェックするかもしれないいくつかのリンクがあります。

上へスクロール
こんにちは、質問がありますか?
手伝ってあげましょう、ここから始めましょう!
x