仮想生産 LED スクリーンはどのように機能しますか?

 

はじめに

テクノロジーの進歩により、撮影用 LED スクリーンは大幅に進化しました。特に、バーチャル プロダクション LED ウォールには合理化されたショットとシーンがあり、ステージ、スタジオ、撮影の要件を効果的に組み合わせています。長年にわたり、これらのスクリーンは映画制作プロセスを再構築する上で重要な役割を果たし、さまざまな制作ニーズに対応する多用途のソリューションを提供してきました。

バーチャルプロダクションLEDウォール

映画制作者にとって信頼できるパートナーです。さらなる洞察を得るために、この機器についてさらに詳しく調べてみましょう。 詳細については、以下をご覧ください。

バーチャル プロダクション LED ウォールとは何ですか?

 LEDバーチャルプロダクションステージは、高い画像解像度が特徴です。これは、屋内または屋外の用途に使用される一般的な LED ウォールではありません。スタジオや撮影の要件を強化するハイエンドテクノロジーを利用しています。 

バーチャル プロダクション用 LED パネル

そのプレミアム機能により、プロ仕様のカメラを使用して、フレア、ちらつき、ピクセル化されたビューを発生させずに画像を撮影およびキャプチャすることができます。一般的な LED スクリーンと比較して、LED ウォール バーチャル プロダクションはより慎重に作られ、高価であることが知られています。

多くの映画プロデューサーにとって、LED バーチャル プロダクションは従来のグリーン スクリーンに代わる便利な手段です。グリーン スクリーンは映画制作者が SF やファンタジー映画の撮影に使用するものであることは誰もが知っています。無地の緑色の背景で、俳優が演技し、ビデオグラファーがシーンを撮影しますが、編集には長い時間がかかる場合があります。仮想プロダクション LED スクリーンを使用する場合とは異なり、プロデューサーと編集者の両方にとって、はるかに簡単、スムーズで、時間を節約できます。

バーチャルプロダクション用の LED パネルはどのように機能しますか?

 多くのものに対する私たちの視点を完全に変えるのはテクノロジーです。 バーチャル プロダクションの分野も例外ではありません。 バーチャル プロダクション LED スクリーンなど、スタジオと撮影を容易にする完全な機器を備えていることは魅力的です。しかし、それらはどのように機能するのでしょうか?

バーチャル プロダクション LED ウォールは、スタジオや撮影のニーズに対応するタイプの LED スクリーン ソリューションです。 ハイエンドの機能を備えているため、より良い結果をもたらすことができるグリーン スクリーンの代わりになる可能性があります。

バーチャル プロダクション LED ウォールの価格

バーチャル プロダクションは、ソフトウェア ツールによってマージされた物理要素と仮想要素を組み合わせたものです。 したがって、LED ウォールだけではありません。 それに仮想ソフトウェアも適用します。 バーチャル プロダクションの LED スクリーンは、俳優が演じる事実または架空の背景または環境として機能します。 リアルな画像を作成し、ちらつきや線が表示されないため、SF 映画、ファンタジー、ミステリー アクションの撮影に最適なツールです。

撮影が完了すると、シーンとクリップは映画編集者に渡され、編集者は映画のシーンを仕上げて磨きます。 撮影に LED バーチャル スタジオを使用すると、物理的な撮影セッションで使用できるため、背景、フィルター、エフェクトを配置する時間を節約できます。

撮影以外にも、バーチャル プロダクション LED ウォールは放送スタジオにも適用され、天気予報の背景スクリーンとして使用されたり、トリビアを共有したり、スタジオの完全な背景など、さまざまな用途に使用されています。

その用途は何ですか?

 LED スクリーンは適応型デジタル デバイスです。 さまざまなイベントやエリアで使用できますが、特定の場所のみに設計されているものもあります。 などのいくつかの屋内 LED スクリーン HDLEDスクリーン・屋外・半屋外での使用はできません。 

バーチャル プロダクション LED ウォールの場合、これらの場所に適用されます。 放送と撮影スタジオ。

  • 放送場所

バーチャル プロダクション LED スクリーン

XR LED スクリーンなどのバーチャル プロダクション LED は、 LEDスクリーンソリューション テレビや 放送 ニーズ。スタジオのパノラマ背景や天気予報用の巨大画面などとして機能します。コンテンツの修正やアップロードが迅速に行えるため、操作が簡単になります。また、高い リフレッシュレート 画像とビデオの遷移がよりスムーズになり、視聴者に喜ばれます。

  • 撮影と撮影スタジオ

バーチャル プロダクションの LED ウォールは、主に撮影用に設計されています。 撮影手順を簡素化して活用し、ビデオの編集、背景効果の挿入、3D およびアニメーションの移動にかかる時間とコストを節約します。 

LEDウォールフィルムの生産

仮想 LED ウォールには、グリーン スクリーンにはない便利なカメラ トラッキング システムを可能にする、より高速なカメラ キャリブレーションが装備されています。

また、シーンを自然で本物らしく明るく見せるために追加の照明システムを購入したり設置したりする必要がないため、コストも節約できます。屋内用の一般的な LED スクリーンと比較して最大レベルの調整可能な輝度基準を備えています。さらに、シーンやショットの編集には大規模なスタッフが参加しないため、ポストプロダクションの労働力について心配する必要はありません。エフェクト、照明、背景がすでに物理的に存在しているため、映画を仕上げる作業負荷が軽減されます。

バーチャル プロダクション LED ウォールの価格はいくらですか?

 LED ビデオ ウォール スタジオは、映画制作やスタジオのすべてのニーズを容易にするプレミアム LED スクリーンです。 そして、その需要は今日静かに増加していますが、それはあなたもそれを持っていなければならないという兆候です. 

LEDバーチャルスタジオ
LEDバーチャルスタジオ

仮想プロダクションLEDウォールを入手するには、その費用に見合った十分な量を準備する必要があります。 1,300 平方メートルのスクリーンの価格は約 1,000 ドルです。このタイプの LED スクリーン 2,000 台に対して、少なくとも XNUMX ~ XNUMX ドルの資金を用意してください。

また、特定のカスタマイズが適用されるかどうかによっても、価格帯が異なる場合があります。

まとめ

 この記事では、バーチャル プロダクション LED ウォールとは何か、そのアプリケーション、およびそれがどのように機能し、フィルム プロデューサーを容易にするかについて説明しました。 

一方、LED バーチャル スタジオのニーズに対応する信頼できるプロバイダーをお探しの場合は、YUCHIP がいつでもご利用いただけます。

YUCHIPは中国をリードしています バーチャル プロダクション LED ウォール メーカー とサプライヤー。 当社は深圳に本社を置き、39,000 年間で世界中で約 18 件のプロジェクトを実施してきました。

バーチャル プロダクション LED
バーチャル プロダクション LED

当社のバーチャル プロダクション LED スクリーンには、必要な機能がすべて備わっています。 次のような:

  1. 高速ロックシステムと優れた放熱性を備えています。
  2. ピクセル ピッチが低く、リフレッシュ レートは最大 7680 Hz です。
  3. 1:5000 のコントラスト比、黒色 LED、4K HD の高解像度を備えています。
  4. 費用対効果が高く、メンテナンスが容易です。
  5. ハイダイナミックレンジ技術を搭載。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 マネージャー@yuchip.com.

上へスクロール
こんにちは、質問がありますか?
手伝ってあげましょう、ここから始めましょう!
x