P2.5LEDパネル用のNovastarRCFGファイル:手順とガイド

 

序言

 

ユチップ LEDディスプレイ製造分野の著名なブランドです。 さまざまな流通、製造、供給とは別に LEDスクリーン タイプとサイズ、私たちは優れたサービスを提供することでも知られています。 当社のサービスには、設置、解体、トラブルシューティング、および操作が含まれます。

NovastarRCFGファイル
P2.5 LED

その間、あなたの多くは最初にLEDスクリーンを操作するのに少し面倒だと思うかもしれません。 後で、それに慣れるにつれて、プロセスはあなたにとって簡単になるかもしれません。 ただし、当面の間、YUCHIPの専門チームが、製品のさまざまな機能と、LEDスクリーンのコンポーネントおよび要素を使用した操作、接続、およびファイルの作成方法についてご案内します。

この投稿/記事はあなたが作るのに役立ちます Novastar のRCFGファイル P2.5LEDパネル。 このプロセスは例とモデルであり、LED画面のタイプと機能によって異なる場合があります。 以下はあなたのさらなるガイダンスのためのビデオです。

 

とりわけ、ご不明な点がございましたら、こちらをご覧ください。

 

P2.5 LEDパネル用のNovastarRCFGファイルを作成する方法は?

 

LEDスクリーンのテストは、購入後の重要なステップです。 LEDスクリーンが安定した性能を発揮するように徹底的に設計されているかどうかをテストし、問題がある場合は製品の交換に道を譲るために実行されます。

ノバスターRCFG
P2.5LEDパネル

そして確かにあなた自身で仕事をするために、あなたがそれをすることを選ぶならば、ここに体系的なガイドがあります。

 

  • コンピュータをLED送信カード/送信ボックスに接続します。

1.1 同期LED送信カードは、USBポートとDVIインターフェイスをコンピューターに接続します。

RCFG

1.2. Visme 非同期カードは、LED送信カードAPホットスポットを介してコンピューターのWiFiに接続します。 APのパスワードは12345678です。

RCFGファイル

Novastarファイル

 

  • コンピューターでNovaLCTソフトウェアを開き、「ユーザー」をクリックします。

NovaLCT

2.1. Visme 同期LED送信カード

コンピューターが送信カードに接続したら、「Advanced Synchronous System UserLogin(A)」をクリックします。 コンピュータが送信カードに接続されていない場合は、「デモンストレーションログイン(E)」をクリックしてください。

2.2. Visme 非同期LED送信カード

[メディアプレーヤーのログイン]をクリックします

Novastarファイル

2.3. Visme 「AdvancedSynchronousSystemUserLogin」および「DemonstrationLogin(E)」のパスワードは次のとおりです。admin

NovastarRCFGファイルの手順

2.4. Visme 「メディアプレーヤーログイン」の場合、ユーザー名はadminです。 パスワードは123456です。

DCLK

ICN2013

 

  • NovaLCT受信カードの明るい設定のページに入ります。

3.1. Visme 「画面設定」をクリックして、LED送信カードと受信カードの設定ページに入ります。

スマート設定

3.2. Visme コンピューターの解像度をLED送信カードの解像度と同じに設定します(ビデオプロセッサーがある場合、ビデオプロセッサーの入力解像度もコンピューターとLED送信カードの解像度と同じである必要があります)。 非同期送信カードのソリューションは、NovaLCTソフトウェアで設定する必要はありません。

画面構成

3.3. Visme 「受信カード」をクリックし、「スマート設定」をクリックして、LEDモジュールパラメータを設定します。

同期LED送信カード

3.4. Visme 「次へ」をクリックして、LEDモジュールのパラメータを入力します。

非同期LED送信カード

3.5. Visme チップタイプIC(P2.5 ICN2053)を選択します。 「チップタイプの選択」で、モジュールモデルと同じICを選択します。 (P2.5 ICはICN2053です)

デモンストレーションログイン

3.6. Visme モジュールのピクセルに応じて、正しい「x」および「y」パラメータを入力します。 (P2.5は128×64ドット)

USBポート

3.7. Visme モジュールの行デコードICに応じて対応するモデルを選択してください。 (P2.5の行デコードはICN2013です)

DVIインターフェイス

3.8. Visme 情報の入力が完了したら、[次へ]をクリックします。

APホットスポット

3.9. Visme モジュールの状態に応じて対応するオプションを選択してください(P2.5は真っ黒です)

メディアプレーヤーログイン

3.10. Visme 自動切り替えを手動切り替えに変更して、モジュールの変更を簡単に確認できます。

ICN2053

3.11. Visme モジュールに表示される色を選択するには、1.2.3.4をクリックします。 (P2.5の色は1:赤、2:緑、3:青、4:黒)

NovaLCTファイル

3.12. Visme モジュール上で点灯しているランプの行または列の数に応じて番号を入力します。 (P2.5は32行です)

NovaLCTRCFGファイル

3.13. Visme モジュールで点灯しているランプの列数に応じて番号を入力します。 (P2.5-1列)

NovaLCT RCFG

3.14. Visme モジュール上でランプが点滅します。 対応する座標点をクリックします。 (P2.5は以下のように設定されています)

P2.5LEDパネル

Novastarパラメータ

3.15. Visme 最後に、モジュールが通常表示されたら、[保存]をクリックできます。

NovaLCT設定

 

  • 2.5つのモジュールの実際のピクセルを入力します。 (P128 – 64 * XNUMX)

Novastarスマート設定

4.1. Visme DCLKおよびGCLKパラメータを調整して、画面の周波数を上げます。通常は約15.6MHzです。 (実情に応じて調整)(P2.5在12.5MHZ)(P2.5 – 12.5MHz)

DCLKパラメータ

4.2. Visme リフレッシュレートを上げます。 画面がちらつかない限り、通常は機能します。 それ以外の場合は、更新を減らした方がよいでしょう。

GCLKパラメータ

4.3. Visme パラメータを設定したら、[受信カードに送信]をクリックし、[保存]をクリックします。

15.6 MHz

([保存]をクリックした後、画面の電源をオフにして再起動しても、ネットは通常どおり機能します。[保存]をクリックしないと、異常に表示され、必要に応じてリセットされます。)

 

そのような操作の包括的なガイドはどこで入手できますか?

 

YUCHIPは中国の有名で定評のあるブランドです。 私たちは、次のようなLEDスクリーン操作の達成と学習においてあなたの味方です。 Novastar RCFGファイル。 最初は難しいかもしれませんが、誰もがこれらのタスクを学び、実行できると信じています。

YUCHIPでは、LEDディスプレイ市場の需要に対応し、圧倒的な技術を駆使するお手伝いをします。

とりわけ、YUCHIPは、ご希望の製品について詳しく知るプロセス全体をガイドするためにここにあります。 詳細については、今すぐお問い合わせください。

また、ここにあなたが訪れるかもしれないいくつかのリンクがあります。

上へスクロール
上へスクロール
こんにちは、質問がありますか?
手伝ってあげましょう、ここから始めましょう!
x