コマンドセンターのビデオウォール


コマンド センターのビデオ ウォールは、最新のコントロール ルームに欠かせないコンポーネントです。 リアルタイム データを表示し、複数のフィードを監視し、チーム メンバーと協力する機能は、多くの業界の安全性と効率性を確保するために重要になっています。 この記事では、コマンド センターのビデオ ウォールのさまざまなアプリケーションと、さまざまな業界で運用を改善するためにそれらがどのように使用されているかを探ります。

サイズはさまざまです。 ただし、通常、さまざまなウィンドウとカメラ モニターを XNUMX つのパネルに組み合わせることができる巨大なサイズになっています。 コマンド センター ビデオ ウォールまたは CCTV ウォールにより、セキュリティ チームは緊急事態や公共のニーズに迅速に対応できます。

コントロールルームやセキュリティコマンドセンターは通常薄暗いです。 そのため、制御室の表示画面が高くなっています 明るさ そして高い リフレッシュレート 実際のビデオや画像を確保するため。


 

Command Center Video Wall は、(インシデントの場合に) 調査を容易にし、役立つセキュリティ映像の信頼できるソースとなります。 これは、複数のカメラ ウィンドウを組み合わせてすばやくズームインおよびズームアウトして、ビデオと画像の詳細を表示できる拡張ディスプレイです。

コマンドセンターのビデオウォールまたはCCTVウォールは、多くの場合、ピクセルピッチが小さくなっています。 これらは通常、セキュリティチームが施設の隅々を包括的に監視する小さな薄暗い部屋に設置されます。 CCTVウォールを使用すると、車両事故、交通問題、泣き声、事故などのさまざまな緊急事態に効率的に対応できます。

ここで、制御室の表示画面を使用または適用できます。

  • 緊急対応チーム

天候や自然災害の場合、政府は迅速な対応と支援を強く推奨します。 ただし、特に広いエリアを管理し、人口も多い場合は、すべての個人にとって厄介なことがあります。

おそらくCCTVの壁があれば、緊急チームは自然の逆境の間に緊急の助けを必要とする市民をすばやく見つけて救助することができます。

  • トラフィック

死傷者を含む自動車事故が発生した場合、包括的な調査が必要です。 録画されたビデオと画像を備えた制御室の表示画面は、研究を容易にし、正義と公共の平和を達成するのに役立ちます。

また、違反者が交通規制に違反した場合、特にそれが公共の注意をそらし、事故や死傷者を引き起こす可能性がある場合は、それを追跡するのが簡単になります。

  • 天気予報

気象監視機関は、さまざまな気象条件をすばやく特定するために、いくつかの機器を設置しています。 ただし、結果と測定値はカバレッジに十分でない場合があります。 そのため、これらの機関はコマンドセンターのビデオウォールを使用して気象観測をスムーズに解釈しています。

  • イベント監視

セキュリティと安全性は、参加者がイベントで体験できる全体的な楽しみに大きく貢献します。 そして、セキュリティを最大限に確保するために、CCTVカメラがイベント会場に設置され、セキュリティチームは、場所の隅々で起こっていることを監視することによって平和を観察し、維持します。

何か問題が発生した場合、指定されたチームが効率的に対応し、妨害の責任者を見つけて追い詰めることができます。

 

 

コマンド センター ビデオ ウォール モジュールの仕様

ピクセルピッチ(mm)

1.25

1.561.875

2.5

ピクセル構成

SMD0808 / SMD1010

SMD1010

カプセル化

3で1

色が一致する

6:03:01

モジュールの解像度(ピクセル)

160 x 135

128 x 108

80 x 65

モジュールピクセル(ピクセル)

16384

92167056

4096

モジュールサイズ(mm)

200 x 168

制御室表示画面キャビネット仕様

キャビネットサイズ(mm)

600 x 337.5x80およびカスタマイズ

キャビネットの解像度(ピクセル)

480 x 270

384 x 216320 x 180

240 x 135

キャビネットピクセル(ピクセル)

65536

3686428224

16384

キャビネット素材

アルミダイカスト

キャビネット重量(kg)

7.8

制御室表示画面仕様

ピクセル密度(ピクセル/m²)

640000

410897286225

160000

明るさ(cd /m²)

800(6500)オプション

明るさ調整

ソフトウェアまたは自動光学誘導による256グレード

視野角

水平160°; 垂直160°

最高の視距離(m)

≥1

≥2

≥3

通信距離(m)

<インターネットケーブルで100メートル(リレーなし; マルチモードファイバーケーブル<500m; シングルモードファイバーケーブル<20km

作業方法の表示

1 / 32スキャン

1 / 28スキャン

1 / 16スキャン

LED駆動方式

一定の駆動電流

色のコントラスト比

5000:1

グレーグレード

16bit

表示色

439、804、651、110

リフレッシュ周波数(Hz)

≥3840オプション

画像表示方法

知的制御技術、テスト自体技術、正しい技術、同期制御

入力信号

DVI(ビデオプロセッサ変換によるS-VIDEO、CVBS、DP、HDMI、VGA、PAL / NTSCなど)

システムオペレーティング

WINDOWS 98、WINDOWS 2000、WINDOWS XP、WINDOWS7など。

制御システム

Novastar, リンスン, LEDビジョン, LEDセット

フロント/リアIPレベル

IP43

動作温度(ºc)

-20〜+ 40

保存温度(ºc)

-40〜+ 80

動作湿度(RH)

0-95%

表示寿命(時間)

10年以上(自然環境)

100000時間(理想的な環境)

メンテナンス

表側

使用電圧

AC110 / AC220V±10%47〜63HZ

消費電力

最大:40W/㎡; アベニュー:25W/㎡

管理されたドットから

≤3/10,000(制御されたドットがないということは、明るさと波長の両方が通常のピクセルから10%以上離れているピクセルを意味します)

 

(制御室用P1.56 LEDディスプレイ)

コマンド センター ビデオ ウォール: さまざまな業界で運用を強化

 

今日のペースの速い世界では、リアルタイムのデータとコラボレーションは多くの業界にとって不可欠な要素です。 コマンド センターのビデオ ウォールは、オペレーターが複数のフィードを監視し、リアルタイム データを表示し、チーム メンバーと協力できるようにする重要なテクノロジになっています。 輸送や交通管制からヘルスケアや金融サービスに至るまで、コマンド センターのビデオ ウォールは運用を改善し、安全性を確保するために使用されています。 この記事では、コマンド センター ビデオ ウォールのさまざまなアプリケーションと、それらがさまざまな業界でどのように使用されているかを探ります。 また、コマンド センター ビデオ ウォールを使用する利点と、それらが多くの業界で不可欠なツールになった理由についても検討します。 輸送と交通管制、エネルギーと公益事業、ヘルスケア、金融サービスのいずれの分野においても、コマンド センターのビデオ ウォールは、私たちの働き方やデータとの対話方法を形成する重要なテクノロジーです。

1. 交通・交通管制

運輸および交通管制センターは、コマンド センターのビデオ ウォールを使用して、交通の流れを監視し、事故やインシデントを検出し、緊急対応の取り組みを調整します。 これらのビデオ ウォールにより、オペレータは、街中に配置されたカメラからのライブ ビデオ フィードなど、複数のフィードを同時に見ることができます。 さらに、運輸および交通管制センターは、気象情報、交通渋滞レベル、インシデント対応時間などのリアルタイム データをビデオ ウォールに表示することが多く、十分な情報に基づいた意思決定を行うために必要な情報をオペレーターに提供します。

2。 エネルギーとユーティリティ

エネルギーおよび公益企業は、複雑なシステムを監視および管理するために、コマンド センターのビデオ ウォールに依存しています。 これらのシステムには、送電網、パイプライン、およびその他の重要なインフラストラクチャが含まれます。 エネルギーおよびユーティリティ制御室のオペレータは、ビデオ ウォールを使用してシステムを監視し、停電や機器の故障などの異常を迅速に検出します。 さらに、これらのビデオ ウォールは、エネルギー消費レベルに関するリアルタイム データを表示し、オペレーターがシステム パフォーマンスに関する詳細な分析を提供できるため、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

3。 健康管理

病院や医療センターでは、コマンド センターのビデオ ウォールを使用して、患者のケアを監視し、医療機器を管理し、緊急対応の取り組みを調整しています。 これらのビデオ ウォールは、患者のバイタル サイン、機器の状態、緊急対応手順に関するリアルタイム データを表示し、医療従事者がより効率的かつ効果的なケアを提供できるようにします。 さらに、医療センターは、ビデオ ウォールを使用して、リモート スペシャリストや遠隔医療プロバイダーなどの他のヘルスケア プロバイダーと協力して、可能な限り最善のケアを患者に提供できます。

4 金融業務

金融サービス企業は、コマンド センターのビデオ ウォールを使用して、市場の動向を監視し、投資を追跡し、詐欺やセキュリティ侵害を検出しています。 これらのビデオ ウォールにより、金融の専門家は、リアルタイムの金融データやニュース レポートなど、複数のフィードを同時に表示し、十分な情報に基づいた意思決定を行うために必要な情報を提供できます。 さらに、金融サービス企業は、ビデオ ウォールを使用して、チーム メンバーやクライアントとのコラボレーション、データの共有、視覚的に魅力的な方法での財務報告の提示を行うことができます。

結論として、コマンド センターのビデオ ウォールは、多くの業界にとって不可欠なコンポーネントであり、運用を改善し、安全性を確保するために必要なリアルタイム データとコラボレーション ツールをオペレーターに提供します。 輸送と交通管制、エネルギーと公益事業、ヘルスケア、金融サービスのいずれであっても、コマンド センターのビデオ ウォールは、私たちの働き方やデータとの対話方法を形成し続ける重要なテクノロジーです。

今日お問い合わせを送信
Cookie の設定を更新する
上へスクロール
こんにちは、質問がありますか?
手伝ってあげましょう、ここから始めましょう!
x